Amazonプライムのロゴ

Amazonを利用していると、事ある毎に「Amazonプライム会員」登録へ誘導され、

有料サービスには登録したくないからうんざりする・・

と、

感じている人も多いのではないでしょうか?

僕も当初は煩わしく感じていましたが、最近話題の「Primeビデオ」が切欠でプライム会員に登録しました。

いざ登録してみると全部で17種類にも上る特典が利用でき、利用価値の高さに驚きます!

正直特典が多すぎて、

プライム会員になってもどのようなメリットがあるのか良く分からないのよね。

という人も多いのだと思います、僕もそうでした。

そこで、

本記事ではAmazonプライム会員がどれだけお得かという事と、

それぞれの特典の中身を解説していきます!

\無料で30日間試してみる♪/

Amazonプライム会員とは?

Amazonプライムは元々、Amazonの配送を優先的に行うための有料会員サービスでした。

しかし、近年はサービスが次々と追加され、便利さだけでなくエンターテインメントも兼ね備えた、単なる配送特典からはかけ離れたサービスへと変貌しています。

Amazonプライム会員の特典一覧

2018年12月現在は、

Amazonプライムに登録すると、以下に挙げる17もの特典を受ける事が出来ます

  1. 配送特典(Prime Delivery)
  2. Prime Now(プライム ナウ)
  3. Prime Video(プライム ビデオ)
  4. Prime Music
  5. Amazon Music Unlimited
  6. Twitch Prime
  7. Amazon Photos
  8. Kindleオーナーライブラリー
  9. Prime Reading
  10. 会員限定先行タイムセール
  11. Amazonファミリー
  12. Amazon Mastercard
  13. Dash Button/バーチャルダッシュ
  14. Amazonパントリー
  15. Amazonフレッシュ
  16. プライム・ワードローブ
  17. Prime Pets(プライムペット)

※特典の詳細は各リンクをクリック♪

それぞれどのようなサービスなのか?

追って解説しますが、これら特典が全て月額408円~500円という低価格で受けられます。

Amazonプライム会員の料金

Amazonプライムの料金には、月間プランと年間プランがあります。

Amazonプライム料金
月間プラン(税込) 年間プラン(税込)
500円 4,900円(408円/月)

上で月額408円~500円と記載ましたが、正確には上記2つのプランが用意されています。

年間プラン・月間プラン、いずれも30日間の無料期間を設けており、この期間中は無料でAmazonプライムの特典を利用する事ができます。この期間中に解約をした場合、料金は一切かかりません。

無料期間が終わると、有料プライム会員に自動更新されます。

このタイミングで、

  • 年間プランの場合は、年会費の4,900円(※月換算408円)を支払います
  • 月間プランの場合は、月会費の500円を支払います

「無料⇒有料」は自動で更新されますが、うっかり更新を止めるのを忘れて会費を請求されても、Amazonプライムの特典を一度も利用していない状態でキャンセルをすれば、全額返金されます。

この辺り、Amazonは良心的と言えますね♪

年間プランか月額プランか?

当サイトでは料金がお得な年間プランをオススメします

というのも、

年間プランのキャンセルは日割りで差額が返金されるため、最初に一括で年会費を支払っていても、使っていない分はしっかり戻ってくる仕組みになっています。
例)10日間利用してキャンセル:4,900円×(365-10)/365 ≒ 4,765円の返金

そのため、「途中でサービスを利用しなくなってキャンセルする」「1年間を通してサービスを利用する」いずれの場合も年間プランの方がお得な選択と言えます。

prime公式【30日間無料】Amazonプライムを試してみる>>

更にお得な学生プラン(Prime Student)

なお、学生であれば更にお得なPrime Studentというキャンペーンが利用できます。

対象は、日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校に在籍する学生です。

Prime Student料金
月間プラン(税込) 年間プラン(税込)
学生:250円 学生:2,450円(204円/月)

プライム特典が通常の半額で利用できる上、無料期間はなんと6ヵ月間も設けられています。

学生ならPrime Studentを利用しない手はありません!

prime公式【6ヵ月間無料】Prime Studentを試してみる>>

Amazonプライム会員の特典について

ここからはAmazonプライムの個別の特典について、それぞれご紹介していきます!

1.配送特典(Prime Delivery)

prime delivery(配送の様子)

今でも最も身近で頻繁に利用するサービスは、「配送特典」になると思います。

こちらはPrime Deliveryと言い、

  • 通常配送料が無料
  • 当日お急ぎ便、お急ぎ便、マケプレお急ぎ便が無料
  • 特定取扱商品の取扱手数料が無料
  • お届け日時指定便が無料

など、便利な配送オプションを無料で何度でも使えます

通常のAmazon会員と料金を比較すると以下のとおりになります。

配送オプションと料金
配送オプション 通常会員 プライム会員
通常配送 購入2,000円未満:400円~440円
購入2,000円以上:0円
0円
お急ぎ便
※注文確定日から3日以内にお届け
本州・四国:500円
北海道・九州:540円
0円
当日お急ぎ便
※注文当日にお届け
本州・四国:600円
北海道・九州:640円
0円
ラッシュ便
※注文当日
または翌日の特定の時間までにお届け
900円
※本州の一部地域のみ
300円
※本州の一部地域のみ
予約商品を発売日/
発売日前日にお届け
360円 0円
お届け日時指定便 本州・四国:500~600円
北海道・九州:540~640円
0円

ご覧のようにAmazonで頻繁に買い物をするのであれば、非常に大きなメリットがあります!

実際、1ヵ月に1回以上2,000円未満の買い物をしているのであれば、それだけでも送料400円以上を支払っている事になるので、元が取れてしまいます。

送料を支払いたくないから、
毎回わざわざ2,000円以上買い物をしている...。

なんて場合も、プライム会員ならそんな必要はなくなりますね♪

但し、これらの配送特典が適用されるのは、Prime」(プライムマーク)が表示されている商品に限られます

殆どの商品は対象となっていますが、極まれに対象外の商品もあるため、注文前に確認しておきましょう!

prime公式配送特典(Prime Delivery)について詳しく見てみる>>

2.Prime Now(プライム ナウ)

prime nowのロゴ

更に、プライム会員向けに「prime now」というサービスもあります。

対象エリア内にお住まいの場合、注文から最短2時間で商品を受け取ることが可能です。

対象エリアは今のところ「東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県」の都市部に限られていますが、利用できるエリアにお住まいなら、非常に便利なサービスです。

対象エリアにお住まいかどうかは、郵便番号からすぐに調べられます。


何かすぐに必要な物がある場合、それが「ちょっとした物」だったり「買いに出るのが面倒」でも、

ネットで注文しても最低1日はかかるから、、

という理由で結局買いに出なければならない事は多いと思います。

「prime now」なら、朝8時~深夜0時の間で2時間毎にお届け時間を指定する事ができます!

お届け状況は専用アプリからリアルタイムで確認する事が可能です。

prime公式配送特典(Prime Now)について詳しく見てみる>>

3.Prime Video(プライム ビデオ)

Amazonプライムビデオのトップ画面

AmazonプライムビデオはAmazonが運営するVOD(動画配信サービス)です。

これはプライム特典の中でもかなりオススメで、

僕もこちらのプライムビデオを視聴したいのがキッカケでプライム会員になりました。

元々Amazonは2013年からVODを展開しており、現在は70,000本以上の作品を配信しています。

実は、これら70,000本の作品はプライム会員でなくても、

  • レンタル
  • 購入

という形で視聴する事ができるのですが、

プライム会員になると、このうちの約10,000作品見放題となります

プライムビデオ作品数
総作品数 見放題作品数 レンタル・購入作品数
通常会員 約7万本 約7万/7万本
プライム会員 約1万/7万本 約6万/7万本

特に、プライムビデオを特徴付けているのは、他では見る事ができない「Primeオリジナル」作品です。

約200本配信されているオリジナル作品のうち、50本近くが日本向けとなっています。

特にバラエティ系の番組では、

  • 松本人志主演、
    「ドキュメンタル」「FREEZE」
  • 浜田雅功、矢部浩之主演、
    「戦闘車」
  • 今田耕司、東野幸治主演、
    「今田×東野のカリギュラ」
  • 内村光良、さまぁ~ず主演、
    「内村さまぁ~ずSECOND」
  • 有吉弘行主演
    「有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦」

などなど、豪華芸人を起用し、

テレビにも負けないクオリティの番組を配信しています。

先程、プライムビデオで配信されている動画はプライム会員でなくても、「レンタル・購入」という形で視聴できるとお伝えしましたが、オリジナル作品の場合は例外で、通常会員では視聴できません

視聴するにはAmazonプライムへの登録が必須となりますが登録すれば全て見放題です。

Amazonプライムビデオの詳細↓
関連記事Amazonプライムビデオとは?サービス詳細を徹底解説>>
prime公式Amazonプライムビデオについて詳しく見てみる>>

4.Prime Music

prime musicのロゴ

100万曲以上の音楽が聞き放題になるサービスです。

100万曲ですよ、、凄くないですか(;・∀・)。。

個人的にはこのサービスもPrime Videoに匹敵するくらい重宝しています。

「ムード(気分)」や「曲のジャンル」に合わせてプレイリストが用意されており、環境に合わせたプレイリストを選んで、その時々に合わせた最適な音楽を流しておく事ができます。

◆「ムード(気分)」や「ジャンル」で括られたプレイリストが準備されている↓prime music(プレイリストの並びの様子)

例えば、「読書・勉強・仕事」に合わせたプレイリストには、

  • 「仕事がはかどるアンプラグド・ポップス」
  • 「掃除がはかどるJ-POP」
  • etcetc...

など、用意されています。

聞きたい曲をピンポイントで探して流す事も可能ですが、気分やジャンルでプレイリストを選んで、BGMを流しておくという使い方が便利です。

気に入った曲だけを選んで、自分好みのプレイリストを作る事も可能です。

Prime Radio

Prime MusicにはPrime Radioという機能が備わっています。

こちらはジャンルを選択すると、後は永遠にそのジャンルの音楽が流れ続けるという機能です。

曲はPrime Music対象の楽曲(100万曲)の中からランダムで選ばれたものが流れ続けます。

Prime Musicのプレイリストはリストが終了すると曲の再生が止まってしまいますが、Prime Radioはずっとランダムに曲が流れ続けます。ずっと音楽を流しておきたい時に最適です、新たな曲を発掘するのにも適していますね♪

prime公式Prime Musicについて詳しく見てみる>>

5.Amazon Music Unlimited

Amazon Music Unlimitedのロゴ

Amazonでは、Prime Musicの他に「Amazon Music Unlimited」という音楽サービスも提供しています。

Prime Musicとの差は??

と言えば、提供される楽曲の数です。

Prime Musicは100万曲ですが、こちらはなんと4,000万曲以上の楽曲が聞き放題となります。

こちらはプライム会員であっても有料のサービスとなります。

但し、通常会員の場合は月額980円の料金が、プライム会員なら月額780円と割安で利用する事ができます

prime公式Amazon Music Unlimitedについて詳しく見てみる>>

6.Twitch Prime

twitch-primeのイメージ画像

Twitch(ツイッチ)とは、Amazonが提供するゲーム実況中心の動画配信サイトです。ゲーム実況の生配信やe-Sportsなどの大型ゲームイベントの配信が行われており、ゲーム実況サイトとしては世界的大手です。

こちらTwitchもAmazonプライム会員の特典の1つとして、追加料金無しで利用できます

AmazonプライムアカウントとTwitchのアカウントを紐付ける(無料)事で、Twitch Primeの利用が可能になります。

Twitch Prime会員になると、

  • 無料のゲーム特典
  • 無料のチャンネルスポンサー登録
  • 広告の非表示

など、様々な特典が受けられます。

prime公式Twitch Primeについて詳しく見てみる>>

7.Amazon Photos

Amazon photos

Amazon Photosとは、オンライン上で写真を管理できる(クラウド)サービスです。

このサービスが凄いのは、写真ファイルなら容量無制限で保存できる点です。

写真が増えすぎて端末の記憶容量が一杯になってしまった場合など、Amazon Photosに写真を移して元端末から写真を削除すれば、端末の記憶領域を確保する事ができますね♪

また、スマートフォン・タブレット・PC、どこからでもアクセスできるので、撮影した写真を端末間で共有するのにも便利です。「自動保存」機能をオンにすれば、撮影後すぐにAmazon Photosへアップロードされ、リアルタイムでの共有も可能になります。

更に、最大5人まで無料で写真を共有できるファミリーフォルダの機能も用意されています。

写真以外のファイル(ビデオ、その他ファイル)も、5GBまでなら保存して置く事ができます。

prime公式Amazon Photosについて詳しく見てみる>>

8.Kindleオーナーライブラリー

Kindleのロゴ

Kindleとは、Amazonが提供している電子書籍サービスです。

そしてKindleオーナーライブラリーとは、Amazonが配信している電子書籍のうち、対象タイトル(和書2万冊以上、洋書60万冊以上)の中から1ヶ月に1冊を無料で読めるサービスです。

1ヶ月に1冊とは言っても、普通に1,500円~2,000円位の本も対象タイトルに入っているので、この特典だけでプライム会費の元は取れてしまいますね(^ ^♪

ただ、利用にはKindle端末又はFireタブレットが必要です。iPadなどのKindleアプリからは利用できないので、そこはご注意下さい。

また、無料で読める本は貸し出し制で、次の本を読むには現在読んでいる本を返却する必要があります。

9.Prime Reading

Prime Readingのロゴ

Prime ReadingもAmazonの電子書籍に関するサービスです。

こちらはなんと、対象のKindle本が全て読み放題!!

2019年1月現在では約840冊が対象です。

流石に読み放題となると、Kindleオーナーライブラリーのように何万冊も対象とする訳にはいかないようです。

とは言え、ジャンルは「小説・ビジネス・経済・雑誌・マンガ」と多岐にわたり、対象となっている本の書評は評価が高いものが多いので、本を良く読んでいる人なら必ず何冊かは興味のある本が目に留まるはずです。

Prime Reading:対象数は多くないものの、書評の高い話題本がズラリと並ぶ
prime readingの一覧画面

しかもPrime Readingの場合は、お使いのスマホ・PC・タブレットからも閲覧できるので、プライム会員ならどなたでも利用できます。

prime公式Prime Readingについて詳しく見てみる>>

10.プライム会員限定の先行タイムセール

Amazonのタイムセール

Amazonでは定期的に「特選タイムセール」や「数量限定タイムセール」などのタイムセールを行っています。

タイムセールは数量限定のため、完売次第で終了となってしまいます。

プライム会員は通常会員よりも30分早くタイムセールに参加できるため、お得なセール価格で商品をGETできるチャンスが広がります♪

prime公式タイムセールについて詳しく見てみる>>

11.Amazonファミリー

amazonファミリーのロゴ

Amazonファミリーとは、小さなお子さんが居る家庭に嬉しいサービスです。

プライム会員なら定期お得便で「おむつ・おしりふき」が毎回15%OFFで購入できます。

定期購入が気になるという人も居るかもしれませんが、消耗品であるうえ、普通に買うと荷物にもなる物なので、毎月決まったタイミングで自宅に届く方が逆に便利だったりします。

  • パンパーズ
  • メリーズ
  • ムーニー

などの有名ブランドをはじめ、様々な商品を選ぶ事ができます。

prime公式Amazonファミリーについて詳しく見てみる>>

12.Amazon Mastercard

Amazon Mastercard(クラシックカードとゴールドカード)

Amazon Mastercrdとは、三井住友カード株式会社がAmazonと連携して発行しているクレジットカードです。

年会費1,350円のクラシックカードと10,800円のゴールドカードがあり、Amazon内で買い物した場合のクラシックカードのポイント還元率は1.5%ですが、プライム会員ならそれが2.5%になります。

溜まったポイントはAmazonで買い物をする際に1ポイント=1円で利用できます。

ポイント還元率
クラシックカード ゴールドカード
Amazonで買い物 プライム会員:2%
通常会員:1.5%
2.5%
通常の買い物 1% 1%

なおゴールドカードに加入した場合、

Amazon内の買い物のポイント還元率は2.5%になり、追加負担無しでプライム特典も使い放題になります。

prime公式Amazon Mastercardについて詳しく見てみる>>

13.Dash Button/バーチャルダッシュ

Amazonダッシュボタン

Amazonダッシュボタンには様々な商品のボタンが用意されており、お好きな商品をワンプッシュで注文する事ができます。

食べ物や日用品などの消耗品が対象となっており、ボタン1つ500円で購入できます。

しかし、初めてボタンで注文する際に注文額から500円が差し引かれるため、実質無料で使用する事ができます。

Amazonダッシュボタンの使い方(3ステップ)

例えばエリエールの商品なら、「エリエール」のボタンを購入して商品を設定(ティッシュペーパーなど)すれば、毎回ワンプッシュでその商品を注文できます。

子供のイタズラや重複注文を防ぐため、商品が届くまでは何度ボタンを押しても一回分しか注文されません。

プライム会員専用なので送料も無料です。

prime公式Amazon Dash Buttonについて詳しく見てみる>>

14.Amazonパントリー

アマゾンパントリーの特徴まとめイラスト

Amazonパントリーは、食料品や日用品を「パントリーBox」という箱にまとめて送ってくれるサービスです。

商品1点からでも注文でき、調味料・加工食品・消耗品などネットショッピングではあまり購入しない商品が対象なので、スーパーマーケットの買い物をAmazon上で行えるイメージです。

1つのパントリーBoxに入る商品の目安は12Kg、一杯になると2つ目のパントリーBoxが用意されます。パントリーBox1つにつき送料390円がかかります。

送料はかかるものの、トイレットペーパーや飲料など、嵩張る商品のまとめ買いに便利です。また、1人暮らしで忙しく、なかなかスーパーまで日用品を購入しに行く時間がない人にもオススメのサービスです。

  • 対象商品の購入で送料割引!
  • まとめ買いで〇〇%OFF!

などのキャンペーンも頻繁に行っているので、それらをうまく活用すれば送料を帳消しにする事も可能です。

prime公式Amazonパントリーについて詳しく見てみる>>

15.Amazonフレッシュ

Amazonフレッシュのイメージ

Amazonフレッシュは生鮮食品を含めた食料品を最適な温度管理の下、新鮮な状態で届けてくれるサービスです。

注文は24時間可能で、受取時間は朝8時から深夜0時までの間で指定する事が可能です。

生鮮食品も扱っているので、Amazonパントリーと合わせればスーパーに通う必要はなくなりますね♪

ただ、プライム会員専用サービスではあるのですが、別途月会費500円がかかります。また、対象エリアも東京都・神奈川県・千葉県の一部地域に限られているので、今後は対象エリアの拡大にも期待したいところです。

prime公式Amazonフレッシュについて詳しく見てみる>>

16.プライム・ワードローブ

プライム・ワードローブ

プライム・ワードローブは2018年10月より新しく始まった、洋服の試着ができるネット通販です。

プライム会員なら無料で利用可能です。

インターネットの洋服通販は、実物を見たり試着ができないため、敬遠している人も多いのではないでしょうか?

ネットで注文後、いざ届いたら「サイズが合わなかった」「色のイメージが違った」というのは良くある事だと思います。もちろん販売する側もそれを考慮し、無料で返品・交換に応じてくれる場合が殆どですが、送料はこちら負担だったり、返送作業が面倒だったりもしますよね(・_・;。。

プライムワードローブでは、好きな洋服・靴を3~8着まで同時に注文し、届いたものを試着できます

試着後に気に入った物だけ購入し、残りは返送する事が可能です。

しかも、返送料は無料です

なので、同じ洋服の色違いやサイズ違いを注文して自宅で人目を気にせず比較ができてしまいます!実店舗で店員さんに試着をお願いした際は購入を断りづらく感じる事もありますが、そんな気を使う必要もありませんね、笑。

但し、

  • まだ対象の商品が少ない
  • 7日間の試着期間を過ぎても返送手続きをしないと課金されてしまう

などの注意点もあります。

始まったばかりのサービスなので、今後対象商品の拡大に期待したいところです♪

prime公式プライム・ワードローブについて詳しく見てみる>>

17.Prime Pets(プライムペット)

プライムペットのイメージ

プライムペットとは、ペット情報を登録しておくと、

  • 対象商品が10%OFF
    ※犬・猫用のペットフード、おやつ、トイレなど多数
  • 定期おトク便が初回50%OFF
  • ペット情報に合わせたおすすめ商品やコンテンツの紹介

と言った特典が受けられるサービスです。

ペット情報とは「名前・種類(犬種、猫種)・サイズ・誕生日・性別」と言った簡単な情報です。
※プライムペットの対象は今のところ「犬と猫」のみ

まだ始まったばかりの新しいサービスですが、ワンちゃん、ネコちゃんが居るご家庭なら餌やおやつは毎日の事なので、10%OFFでもメリットは大きいですよね?

ペットのためにも、是非積極的に利用したいサービスです♪

prime公式Prime Petsについて詳しく見てみる>>

おわりに Amazonプライム特典のまとめ

以上、Amazonプライムの特典についてご紹介しました!

どうでしたか?

月額325円(年額3,900円)~400円でここまでの特典が利用できるのは、本当にスゴくないでしょうか?!

数が多いので最後にもう一度、どのようなサービスがあるのかをおさらいしておきます。

Amazonプライムの特典
  1. 配送特典(Prime Delivery)
    ⇒配送オプション(お急ぎ便、時間指定etcが無料で使い放題)
  2. Prime Now(プライム ナウ)
    ⇒対象エリア内、最短2時間以内にお届け
  3. Prime Video(プライム ビデオ)
    ⇒約10,000作品の動画が見放題!
  4. Prime Music
    ⇒約100万曲が聞き放題!
  5. Amazon Music Unlimited
    ⇒月額780円の追加料金で更に4,000万曲が聞き放題!
  6. Twitch Prime
    ⇒ゲーム実況サイトのTwitchが特典付で見放題!
  7. Amazon Photos
    ⇒写真を容量無制限でアップロードできるクラウドサービス
  8. Kindleオーナーライブラリー
    ⇒2万冊の本から毎月1冊を無料で読める
  9. Prime Reading
    ⇒約840冊の本が全て読み放題!
  10. 会員限定先行タイムセール
    ⇒タイムセールに通常会員よりも30分早く参加できる
  11. Amazonファミリー
    ⇒「おむつ・おしりふき」が15%OFF!
  12. Amazon Mastercard
    ⇒Amazonポイントの還元率がUP!
  13. Dash Button/バーチャルダッシュ
    ⇒ワンプッシュでお気に入りの商品を注文
  14. Amazonパントリー
    ⇒食料品・日用品をオンラインでGET
  15. Amazonフレッシュ
    ⇒生産食品も含めた食料品・日用品をオンラインでGET
  16. プライム・ワードローブ
    ⇒試着可能なインターネット洋服通販
  17. Prime Pets(プライムペット)
    ⇒犬・猫用のペットフード、おやつ、トイレ等が10%OFF

改めて並べてみると、スゴイ数の特典です。単なるショッピングサイトの域を完全に超えていますよね(・_・;。

しつこいようですが、これ全部で月額325円~400円は破格です、笑。

逆にサービスが多すぎて正直「全部は使いきれない」人も多いと思います。

でも、

この中の1つや2つでも頻繁に利用するのであれば、登録しておいた方が絶対にお得です。

というよりも、登録しないのが逆に「損」にすら思えます、笑。

僕は「配送特典」「Prime Video」「Prime Music」「Amazon Photos」を頻繁に利用していますが、もう十分すぎる位元がとれていますね。忙しい時、嵩張る日用品が欲しい時は「Amazonパントリー」も利用します。

気になる特典が1つでもあれば、是非プライム会員を試してみて下さい。

30日間の無料期間で気に入らなければ、その期間中に解約すれば料金さえもかかりません♪